一級建築士の型枠大工 北村工業

型枠大工 見習い募集中!

お知らせ & トピックス 北村工業代表: 北村 伸宏

型枠技能士練習状況

image技能士実技試験の練習の為、正月休みを利用し作り上げました。
その状況をレポートします。
まず始めに原寸を書きます。

これは、丸暗記でいいと思います。

次にベニヤとサンギに墨付けをします。印は、鉛筆でも良いみたいです。image
ポイントは法ブタのテーパー分の寸法を足す事を忘れない。

次に手鋸(ゼットソー)で切り方です。image
ポイントは、他のベニヤに気を付けて切ること、
サンギは少し短く切る事(1ミリくらい)、
角のサンギを切る時は、斜めのサンギを切った時に出た切れカスをキャンバーにし、真上から真っ直ぐ切る事、
ベニヤは、正規の寸法で切る事(墨半分残し)、
次にカンナで角を落とします。
ポイントは、削り過ぎること(墨を全部落とす位)限度がありますが、
次に加工です。
ポイントは釘を均等に打つこと(約150ピッチ位)
いよいよ組み立てです。image
ポイントは先に、はり側に法ブタを打ちつけたいとこですが、我慢して一つずつ組み立てて行きます。(合わない時微調整する為)、
あと外側からの見た目より、型枠なので内側からの見た目を重視します。
最後に幅を決め、芯を下げ振りで落とし調整し、ゆがみを直して完成です。
内側の角のラインが、ベースから柱まで通っていれば完璧です。image
今回は初めてだったので、少し失敗もありましたが、次は何も見ず時間を測って、5時間位で完成し、その後、確認や微調整をすれば完璧です。
この位の出来なら、間違いなく合格です。
自分が作った時より、全然綺麗に出来ています。
ジョニーさん、頑張ってください。

(2015年1月6日)

トップページに戻る