一級建築士の型枠大工 北村工業

型枠大工 見習い募集中!

お知らせ & トピックス 北村工業代表: 北村 伸宏

型枠大工のコツ、階段建て込み編

今日は階段の壁を建て込む時の、チョットしたコツを紹介します。
置き場で加工して来た枠、段上、段下、別々にして建て込みします。
上枠の下がり防止に使用するのが、
これ、IMG_0447芯〜芯600で50の所で90度に曲げ加工したこの字セパ、両端にピーコンを付け前もって開けて来た下枠の穴、600間隔の穴にこの様に片方付けます。IMG_0446IMG_0448
次に上枠を返します。
これで、ほぼ上枠は下がりません。

下がるようなら、蹴込みを入れる時にポリバタをかますと、完璧です。
昔は、セパに両端スラ引きコマを付けて止めたり、ポリバタを後からかましながらフタをしたり、色々やって見ましたが、この方法が一番やりやすいし、枠も傷まないし、鉄筋のカブリも取れると言う一石三鳥です。
間隔はパネル一枚に一ヶ所で十分だと思います。
セパは600より短くて届くのであれば、なるべく短い方が丈夫です。
どうでしょうか?

(2015年1月9日)

トップページに戻る