一級建築士の型枠大工 北村工業

型枠大工 見習い募集中!

お知らせ & トピックス 北村工業代表: 北村 伸宏

ベニヤ割き(パネルソーの場合)のコツ

今日はベニヤの割き方  (パネルソーでの)

コツを書こうと思います。

これはかなり旧式のパネルソーです。IMG_0099

定規がいまいちなので、2枚しか重ねて切れません。IMG_0103

3枚にすると3枚目が寸法がおかしくなります。

まず、幅を先にすべて割きます。

次に、幅の割いたベニヤを1800になる位まで積み重ね、定規を当て一気に同じ長のベニヤを割きます。IMG_0121

幅は2枚までしか割くことが出来ませんが、長さは幅にさいたベニヤを一気に割く事ができます。

まとめて割く場合、台ノコでは、長さを先に割いて幅を後ですが、バネルソーでは逆になります。

理解できますか?

加工の時にべニヤを割く人で、現場の建物の制度が決まります。

ベニヤの幅が広ければ、外に倒れます。

逆に狭ければ、中に倒れます。

理想は、寸法ピッタリがいいのでしょうが、無理なので、自分は少し狭めに割いて、建て込むときに、間を少し開けて建て込みます。ベニヤの伸びもありますし。

如何にベニヤ割きが大切か、分かってくれたでしょうか?

もしこれを見てくれてる、型枠大工さんが『うちはこんなやり方だけど、』とかあったら、ぜひ、教えてください。

真似します。

何でもいいので、よろしくお願いします。

 

 

 

(2014年10月20日)

トップページに戻る