一級建築士の型枠大工 北村工業

型枠大工 見習い募集中!

お知らせ & トピックス 北村工業代表: 北村 伸宏

免許、資格

建設業また型枠大工にとって必要な免許、資格は、いろいろあります。
自分も色々持っていますが、
まず、免許というのは、その事の許しを得たということです。
資格というのは、立場的な物だと思います。
大事なのは、資格の方だと思います。
国家資格の一級型枠技能士が、型枠大工の目指す所だと思います。images-5
本人のレベルアップ、また自信にもなります。
型枠技能士の試験は、学科試験と、実地試験があります。
因みに国家資格と言うのは、どの資格も最低、問題の半分以上間違えると、合格はしません。
学科試験は、問題集をやって復習すれば大丈夫だと思います。
実地試験は、拾い出しの試験二時間
基礎型枠の半分の組み立てが、五時間半です。
拾い出しの試験も、普段からやってれば、問題ありません。
問題あるのは、基礎型枠のほうです。
まず、A1の紙に勾配の原寸を書き、それから9ミリベニヤとサンギに墨付けし、手ノコで切りベニヤの木口にかんなをかけます。
それで、ようやく組み立てです。competence2_img2_1
寸法通りに切れてれば、何も問題なく、組み立て完了です。で、五時間半、あっという間です。
2、3回は、練習しといた方が確実です。competence2_img4_1-1
話が少しずれますが、型枠大工職人として、極めるのならば、資格はここまてでいいと思います。

将来的に人を動かす立場になりたいなら、私は二級施工管理技士の躯体を取ることを進めます。

型枠技能士を持っていれば、受験資格があります。
施工管理躯体は、躯体工事、足場や、鉄筋、コンクリートなど、型枠以外の勉強もしなければいけません。
他の仕事のことを少しでも分かる事によって、周りを見る目が大きくなると思います。
打ち合わせなども、スムーズに進むだろうし、自分勝手にもならないでしょう。

また、現場のリーダーとしては必要でしょう。
資格があった方が、初対面にかなり有利ですよ!
出来るうちに勉強しましょう。

(2014年6月14日)

トップページに戻る