一級建築士の型枠大工 北村工業

型枠大工 見習い募集中!

お知らせ & トピックス 北村工業代表: 北村 伸宏

横浜元町・中華街

今日までの3日間、横浜の石川町へ応援に行って参りました。DSC_0852
車を元町の交差点から西之橋を渡った所の、市営駐車場に止めることにしました。
駐車場から現場へ向かって歩いていると、四つ目の信号機を発見、珍しいのでシャッター!DSC_0844
西之橋?大正15年、関東大震災復興事業?早速、帰って調べて見ることに。DSC_0845
右側を元町、中村川を挟んで左側を中華街です。
横浜市認定歴史的建造物に指定されています。
構造は、鋼2ヒンジアーチというもので?images-39

裏側が、メタルフォームを組んだ用な形になっています。
その昔は、明治26年に日本最古のピン接合のプラットトラス橋があったらしいです。

これです。images-50
プラットトラス橋とは、昔の列車の橋などに使われてたトラス橋、ですね。トラス?
昔、力学で勉強しました。images-26
部材の接点をピン接合とし、ゼロ部才はどれですか?

圧縮部材、引っ張り部材は?という問題をよくやました。
切断法や節点法示力図は閉じるなどで、部材の軸力を計算していたような記憶が、うっすら残っています。
話を元に戻しますが、この中村川(堀川)から中華街側は海で、江戸時代に吉田勘兵衛によって埋め立てられた、吉田新田でした。images-34
山手から野毛山まで入江の海だったなんて、現在では想像もつきません。
江戸時代に、どれだけの人がどんな思いでこれだけの土地を、どうやって埋め立てた?

なんか、考えただけでもゾクゾクします。images-42

今、気づいたのですが、もしかして、自分は歴史マニアなのかも?
昔の事、昔の人、もう実際見ることも本人達から聞くことも出来ない!images-22

興味ありあり。
自分達は、マンションの大工です。
一つの仕事が終わったり、現場が終わったりすると、達成感が残ります。
江戸時代の埋め立てが終わった時の達成感、ハンパなかったと思います。

(2014年7月20日)

トップページに戻る