一級建築士の型枠大工 北村工業

型枠大工 見習い募集中!

お知らせ & トピックス 北村工業代表: 北村 伸宏

ストレッチの重要性

最近、自分の周りで怪我をする人が、続出しています。
加齢なのか、頑張り過ぎなのか?
違うと思います。ストレッチ、準備体操を怠っているからです。
筋肉は、動かさないと血流が悪くなり次第に固くなっていきます。
筋肉が固くなると、無理な動きをしたときに靱帯や、関節が引っ張られ、怪我をします。
仕事でよくなる怪我とは、ギックリ腰、手足首の捻挫、をよく耳にします。images-19
ある程度は、準備体操で予防出来るのではないでしょうか?
ギックリ腰の予防はお腹の筋肉(チョウヨウキン)や、お尻の筋肉(ダイデンキン)などをよく伸ばすストレッチ、また、腰を回すこと、手足首の捻挫の予防もやっぱり回すことですね。
因みに自分はここ10年くらい、毎朝5分から、10分位ストレッチをしています。
腰を自転車のチューブで縛り、グリグリと回します。次に空手の息吹(呼吸法)を10回ほどやり、また時間のある時は開脚してグリグリと色々な所を伸ばしてから出勤です。
お陰で、42才の今でも開脚してお腹まで付きます。
型枠大工、また、現場で身体を使って仕事してる人にお薦めは、やはり、腰回しです。images-9
腰痛持ちには、是非ともやってほしいものです。
まず、ホームセンターの自転車売場に行き、タイヤのチューブを買います。
そのチューブを、腰の骨のすぐ下にきつく縛ります。
足を半歩開いて、軸を真っ直ぐにし、腰に手を当てて右回し10回、左回り10回を3セットやります。
2、3分で、終わります。
継続は、予防なり!』
面白いのがあったので載せときます。
こんな蹴りだと、自分でも貰ってしまいます。images-7images-3   images-5 images-6images-2
恐ろしい!(>_<)ゞ

(2014年6月29日)

トップページに戻る