一級建築士の型枠大工 北村工業

型枠大工 見習い募集中!

お知らせ & トピックス 北村工業代表: 北村 伸宏

型枠大工とは?

型枠大工とは、コンクリート打ち込み用の型枠を作る大工。DSC_1015

DSC_1017コンパネをセパレーターで寸法を確保し、型枠を作る。コンクリートの重量で変形破損しないように、単管と鎖、支持鋼管(サポート)で、外側から圧縮力もしくは下方から支持力をかけるという作業をする。

一般には細かい造作よりも、いかに早く仕事を行うかが勝負! とあります。

これが型枠大工です。

決してこんな物を入れる為に、大工になったのではありません。

これは水平スリットです。

余りにも綺麗に入っていたので、写真を撮りました。DSC_1018 DSC_1019

打ち込み物が多すぎる!

ついで、では、無くなって来ている。

スリット、サッシュアンカー、インサート、ドレーン、スリーブ、ハッチ、スタイロ、アンカーボルト、

まだまだ出できます。

全てサービスです。

一日中、スリットなど付けているときがあります。

お偉いさん方、何とかして下さい。

打ち込み物が多すぎる、そのうち鉄筋も?電気のCD管も?

我々は一応、大工なんです。

少し面白いものを、見つけました。

「大工の心得(宮本武蔵、五輪書)より」images-48

1、仕事が曲がらないこと、

2、留めを合わせること、

3、かんなでよく削ること、

4、やたらに磨き立ててごまかさないこと、

5、後で歪まないこと、

とあります。 さすが宮本武蔵、大工の人間性をも言っているように感じ取れます。

話がだいぶ反れましたが、型枠大工は叩いてなんぼなので、叩けない仕事は詰まらない。

   何とかして欲しいものです。

(2014年9月17日)

トップページに戻る